焼肉

今日は、誕生日。
でも、平日だし。最近、夫は仕事の帰りが遅いし。
特別な事はないだろうなー。
せめて、ケーキ食べたいなー。
一人じゃ食べるの寂しいから、夫早く帰ってくれたらいいのになー。
なんて思っていました。

そしたら、今朝、今日は仕事早く終わってくるから焼肉食べに行く?
と夫。
嬉し—。
焼肉大好きです。
そして、忙しいのに早く帰ってこようとしてくれる夫に感謝。
その気持ちが嬉しいですよね。
例え、不可避な残業になって帰れなくなっちゃっても許せます。

でも、若かったら怒ったかなー。
なんで、私の誕生日なのに早く帰って来てくれないのよー
って。
その気持ちが嬉しいだなんて、大人になったなー、私。
なんて思ってしまいました。

無事、夫は仕事を脱出。
私も、定時でさっさと会社離脱。
焼肉食べに行くことができました。
近所のちょっぴりお高い焼肉屋さんへGO。
美味しかったー。
ハラミもロースも美味しいですが、やっぱり好きなのはカルビ。
まだまだカルビがイケる事に安心したりしてね。
友達は、カルビの脂が少しキツくなってきた・・・なんて言ってたけど。
私は、まだまだカルビ イケるわよー
と自分の胃が若い事を再確認。

さすがに焼き肉でお腹がいっぱいになってしまってケーキまでたどり着けませんでしたが、美味しいディナーに大満足。
早く帰って来てくれた夫に感謝ですね。白髪染めシャンプーの口コミを読む。

ファンミーティング

私はマンチェスター・シティを応援しています。
シティファンならだれもが意識するゲーム。
それは、マンチェスター・ユナイテッドとの一戦。
マンチェスター・ダービーです。
どの試合も負けたくありませんが、ダービーだけは特に負けたくない。
そんなマンチェスター・ダービーは、9/10にあります。
ユナイテッドホームでの試合。
アウェイだからと言っても勝ちたい。
なんなら、アウェイだからこそ勝ちたい。
そんなダービーなんです。

今日、同じくシティファンの友達から、ファンミーティングがあるんだってーとLINEが来ました。
シティJAPAN、初めての日本でのファンミーティング。
スポーツバーでイベントやって、その後皆でダービーを観戦するんですって。
楽しそう!
絶対楽しそう!
行きたい!
絶対行きたい!

友達から聞いたサイトにアクセスしたら、詳細がわかりました。
定員は100名。
事前予約で、100名を超えた場合は抽選なんだそうです。

・・・100人。
どうだろう。
東京で開催だからあまり遠い場所に住んでる人は来れないでしょう。
しかも、試合が終わるのは11時近く。
それから帰れる人となるとさらに限られてくるんじゃないかしら。
そして、お酒を提供するバーということで20才以上が条件。
最近なぜかシティファンの高校生が増えてるらいいですが。
こういうお子様たちはカットされるでしょう。
となると、都内近郊に住んでる大人でシティファン。
100人もいるのかしら。
それとも100人以上いて抽選になっちゃうのかしら。
どっち?

どっちにしても行きたい!!
と、早速友達と申し込みしました。
当選しますように!!

普通て、なに

孫に電話して「元気?」て聞いたら「フツー」だって。ま、元気かどうか、なんて紋切り型の挨拶に、どう応えたらいいのか、そりゃ「普通でいいでしょ」ともいえますね。
では、普通て何なのだろう。「普通でいいよ」とか「そんなの普通のことだよ」など、ありきたりに使うし、分かった気になってるけど、本当は何も伝わらない。
鷲田清和さんの「普通を誰も教えてくれない」というエッセイがあります。普通にやろう、普通がいい、といいつつ、それが何かは、だれも分からない。空気みたいなもの、それが普通。
ま、平凡てことでしょうか。でも、仏教語の平凡の意味は「どんなときにも、平然としていること」と、聞いたことがあるのです。それは、とても難しいこと。なかなか出来ないですね。
どんなときにも「これが普通」と言えることは、修行のいること。「普通」って、ほんとはいい言葉。普通サイズの服をきて、普通の暮らしをして、普通に生きて。
でも、それって何、という疑問は、まだ消えない。私の普通は、誰かにとってはみじめ、かもしれない。そういえば、姉が私の仕事場にきて、「変」といったことがあった。飾りがないって。
私の部屋にあるのは、三岸節子のリトグラフだけ。あとは仕事関係のものばかり。でも、飾りがない暮らしが、私にとって普通なんです。これがモデル体重です。